関西百名山リストに戻る
No.37 氷ノ山(ひょうのせん)/兵庫県・鳥取県 
2006年10月22日(日) はれ
同行者:あっぴん ジムニー走行距離:151.7km(片道) 

●コース概要●

大段ヶ平登山口(標高1,100m)・・・神大ヒュッテ・・・
・・・氷ノ山(1,509.8m)・・・三ノ丸(1,464m)
・・・氷ノ山・・・神大ヒュッテ・・・大段ヶ平登山口


おおよそ10.4km・全行動時間6時間30分【お昼ご飯・休憩含】



眠い。朝5時過ぎに起床。

布団を畳んだり、シーツをはずしたり、身支度をしていると「はよご飯食べにおいでー」とお母さんから放送が入る(謎)。ここの朝はいつでも、とても早い。

6時前にご飯を頂き、2段(驚!)のお弁当をお母さんが用意してくれていた。わーい、ありがとうございます(・∀・)。ザックに詰め込み、早々に出発することにした。

「よかったなぁ。今日は絶対大丈夫や〜ついに晴れたなぁ」

そう、お母さんが言ってくれたとおり、今日の空、完璧だYO!

氷ノ山、キターー(☆∀☆)。

うっとりするような朝焼け。雲ひとつない快晴。よい1日になりそうな感、満点。ジムに乗り合わせて出発進行。
ジムと氷ノ山
ガタガタ道 さて、福定の会場に一旦入るものの、「もう今回は短めでいこうや」とのあっぴんの一声。と言うことで登山大会にはエントリーせず、親水公園から登るつもりが意外と距離があったので(と言っても片道5.3km/標高差850m)あっさり却下される。

さらに林道を進み、最もラクチンなコース、大段ヶ平(おおだんがなる)登山口を目指すことに。親水公園から10kmくらいでしょうか。当然砂利道。
「おー!!」

思わず声を上げてしまったほどに、そこに広がる景色は素晴しかった。ピークハントをした蘇武岳、近畿百名山の妙見山、この間行った床尾山・・・そして反対側には・・・

(クリックすると画像が大きくなります→)
おぉ(・∀・)
直ぐそこです(;・∀・) 氷ノ山。近っ!!

あっちゅー間にこんな直ぐ側まで来れるなんて。びっくりざます。下から見上げる氷ノ山とは打って変わり、まるっこくて、とても穏やかな山容になります。
あっぴんの頭上のもっこりした山が氷ノ山。
ここの無料駐車場にはきれいな東屋と水洗トイレがあり◎。夏の日の夜にはこの辺でキャンプをしている人もいるとか。(高原の辺りからチラチラと明かりが見えるらしい)

ちゃっちゃと準備をし、7:40頃出発。ここからだと頂上までは標高差410m、距離・片道2.8kmの楽勝コースです。
ちともの足りんかも。
いってきまーす
ふかふか! なんて思っていたけれど。

歩き始めたのだけど遊歩道は広く、落ち葉が遊歩道いっぱいに敷き詰められていて、紅葉も真っ盛り。綺麗で本当に最高。

落ち葉を蹴っ飛ばしながら。あっぴんとナナカマドを見つけながら。くだらないおしゃべりをしながら。他に誰もいない、静かなルート。

秋ですよ。上品な、ニッポンの秋。
道の真ん中にデデンとブナの木。

まるで絵に描いたような道でした。
ドン!
紅。 秋です。

最近冷え込むなぁと感じながらも、空の高さとそしてこの色を見て視覚にて改めて感じることができます。

神大ヒュッテで登山大会コースを歩いている人たちと合流し、チラホラ人と遭遇。ここまで来ればあとはたったの1km(早)。
そして、ついにキターー(☆∀☆)。

5年越しの念願がもうすぐ叶う!!快晴と言っていいほどの青空・秋晴れ。頂上まであとちょっと。氷ノ山ってこんなにラクちんに登れて、こんなにさわやかな山だったのね(笑)。


(クリックすると大きくなります→)
青いー!!

やったYO!
でもって、3回目の
氷ノ山(1509.8m)に到達!やった!

今までは望むことを許されなかった山頂からの景色。

あんなものもこんなものも見えちゃうことに2人で大興奮。今日は恥じらいもなく丸見えじゃないの!!(謎)昨日登った鉢伏山もくっきりはっきり。


(クリックすると大きくなります→)
お、あれだな♪
鳥取方面 山頂は鳥取と兵庫の県境。あっち側はもうすっかり鳥取。

それにしてもこんもりとしたいい形の山がある。おじさんに訊くと鳥取の三ノ丸という山だそうで1時間もあれば着くとのこと(片道2.4km)。せっかくなので行ってみることにした。避難小屋でおやつを食べてもまだ9時過ぎだしね。

(←クリックすると大きくなります)
わたしよりもはるかに背の高いチシマザサに囲まれた歩道。どこまでも行けそうだ。 空にたどりつけそう
何だかピカピカ 何だろうね、この赤い実。
少し下って少し登り返して。あっという間に三ノ丸に到着。

誰も居ない、貸切状態。振り返ると氷ノ山が。近いし、歩きやすいし、景色もいいし、静かだし、あと200m歩くと清潔なトイレ・ベンチつきの展望台があるよ。
すぐそこだね
立派な建物 ココがそこ。静かだし、オススメ。

ここの手前に避難小屋もあったけど、誰か住んでいそうな感じだったので恐れをなして移動。

またここでおやつを食べて、来た道を引き返す頃にはおばちゃん集団で三ノ丸山頂はごった返していた。狭いのにみんなそこでお弁当食べているし。もうちょっと進めばいい場所があるのにね・・・まぁ、リーダーもいるようだし、余計なことは言うまい。逃げるようにわたしたちは三ノ丸を後にした。

すごくいい場所☆ 氷ノ山から三ノ丸方向に少し下ったところにある、千年キャラボクの大きな木のところで静かにお弁当を食べることに。わーい。

ちなみに登山大会の日なんて山頂・避難小屋は人がいっぱい。
だから登山道でお弁当を食べている人も・・・風も受けないし、とってもおすすめの場所ですYO!山頂方向には展望台(トイレ)が見える。
誰かが作ってくれるご飯ってうれしいね。

・・・しかし・・・、お母さん、

「お弁当にそば、っておかしくない?」お弁当、右下をよくご覧アレ。

いやいやツッコミどころ満点のお弁当タイムでした。さすがお母さん。笑いに抜かりない!
ちなみにツユは既にからめられてありました(笑)。

ごちそうさまでした!山で食べるお弁当って何でこんなにおいしいのかな。
おべんとおべんとたのしいな〜♪
パクっ 途中、わんこにたかられる。

うちのりゅうに顔がよく似ていて、ついついおかずをあげちゃいました。だって、待て、ができるおりこうさん。かわいい。
うちの食いしん坊・リュウなら間違いなく人様を襲っているであろう・・・

しばしまったりし、それから大段ヶ平登山口まで下っていきました。その頃には空に雲が・・・今日の夜から天気が崩れるって言ってたもんね。

何だかんだとそれでも10km。でもそんな距離を感じさせない素敵な山歩きができた1日でした。こんなラクちんなのもアリだね(笑)。ひさしぶりに山頂で晴れた気がする。晴れるってそれだけで素敵なことなんだね。晴れたときに見える空が青くてよかった。


また2人で登れてよかったね
三ノ丸(1,464m)山頂にて

今日のお気に入りの1枚。

あっぴん、それじゃまた!


関西百名山リストに戻る